2017/04/30

Yokoの4つの約束~変容



変容の炎 至福のワンコ
変容の炎ならぬ、変容の花びらに包まれた、至福のワンコ(笑)

ハッピーゴールデンウィーク♪
変容、覚醒シリーズ第5弾、Yokoが心に止めている4つの約束です♪

前回、ドンミゲルルイスの4つの約束をUPしました。人間の本来の姿、創造者として(覚醒して生きる)ハッピーに生きるための4つのポイントでしたね。

皆、生きているうちに自分の哲学を持ちますね。え? まだ持っていない? いや、そんなことないと思いますよ。

人にされていやなことは絶対しないようにしようとか、1日1善しようとか、道路のゴミ拾いをどうしてもやってしまうんだな~とか、電車でお年寄りに席を譲ってあげたりとか、いろいろあるじゃないですか。

私の4つの約束は、特にお勧めするものでもなく、私自身への約束。というか、私自身も知らぬうちに身についてきたものなんです。でも、考えて見たらこれは変容の道でもあるなと思いました。ま、参考になればとUPします。
 

1.スピリチュアルな自立

人のせいにしない。頼らない。奪い合いをしないこと。自分のことを弱い存在だと思っていると(内心)、人に頼って生きようとします。人の言うことに左右されます。だから、スピリチュアルに自立していることは大切。

他者にエネルギー的に頼らずに生きるには、スピリチュアルに自立をしていること。自分ひとりでいても充足していられるほどに。自立していれば、人に迷惑をかけないし、かけられることもないサッパリした道を歩めます。

2.感謝の心

人生、かなり後半になってきた私からすると(苦笑)、まるで人生は夢のようにすぎてしまったなと思うこと多かりきです。

若いころはこの物理次元にて、なんとかしようと、いろいろ画策しましたが(笑)、今はなんか、、意識のフォーカスがもう、物理次元だけではない。つまり、先祖に感謝するようになった私です。

今でもいろいろ考えをめぐらせているけれど(笑)、今どんな状態であっても、生きていろいろ体験させてもらっているだけで、ありがたいなと思えるようになりました。

3.天と地と繋がる

天と地と繋がり、光の導管(柱)として生きること。天と地と繋がることにより、他者とドロドロの感情劇場にあまりはまらないで済みます。

この心境は、観念論でなく、光が波のように細胞まで流れ込んでくるような、実際にエネルギー的な体感を伴った、エネルギー的な理解でもあり、これは長年のヨガの実践と、メタフィジカルな(物理次元を超えた)学びの故でもあるなと思います。

4.無心であること

あ~だこうだ~と考えすぎないで、何かに打ち込むこと。日々の行動をしていくこと。実はいろいろ考えますよ。。先々の心配もあります。

でも、毎朝、毎晩、高齢の母のお世話をしていると、もう無心です。この時は、全ての雑念が消えます。逆境こそ(高齢者のお世話ってすごく大変なのね実は)、本当に心から得たかったもの(雑念のない、静謐さ)がやってくるものですね。

ヨーガスートラを書いた、パタンジャリだったと思いますが、こう言いました。「ヨガとは思考を滅するものなり」ヨガの行法の全てが、思考を止める為のものだったんですね。思考が止まった時、それは神人合一の、覚醒を意味します。究極の変容ですね。




 Yokoのシャーマンズヒーリング


~変容と覚醒に関するシリーズ~


1.変容~私は死んだの?~(変容の様子を書いています)
2.覚醒ー恐怖を超えて(覚醒できない根底には恐怖がある)
3.覚醒ー人類の痛みを超えて(人類の痛みを理解する)
4.変容~4つの約束~(少しずつ、できることをやっていく)
5.Yokoの4つの約束~変容
6.覚醒ー瞑想(仮題)



ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

  ↓ ↓ ↓ ↓



2017/04/26

スピリチュアル・ビジネスの上手な始め方


スピリチュアルビジネスの上手な始め方
スピリチュアルに興味があって、人の役に立ちながら、スピリチュアルビジネスで生計もたてられたらいいなと考えている方はずいぶんといらっしゃるのではと思います。

でも、興味はあっても、目に見えないスピリチュアルなことをビジネスにしていくなんて大変すぎるのでは? と思っていませんか?

そんな方にお答えしたいのが、「小さく初めて大きくしていく気持ちと、ステップさえ踏んで行けば、大丈夫ですよ。」と言うことです。

スピリチュアルビジネス15年、それ以前にはエステティック業界のエステスクール学院長として、技術と企画、売り上げ戦略等のノウハウを教えてきたYokoが、スピリチュアルビジネスの上手な始め方のポイントをお伝えします。興味がある方は参考にして下さいね。

ヴィジョンが最初!


まず、ヴィジョンはありますか? スピリチュアルなヒーリングを行っていると思い描いた時に「これなのよ!」と言う、ワクワク感があればOKです。成功はワクワク感からはじまりますので、良いスタートと言えます。

でも、まだ、「う~ん、スピリチュアルな学びはしているけれど、これだ!という明確なヴィジョンがわいてこないな~」という場合はこちらで、直感に聞いてみましょう。
            ↓
直感チャネルオープニングセッション又は

直感チャネルオープニングセミナー

いち押しのスピリチュアル技術を持つ


最初は、何かひとつでいいから、「これだったらおまかせ!」というスピリチュアルな技術を持ちましょう。

たとえば、「タロットだったら優しい話法とエンパス能力でお役に立てるワ。」とか、「トークは苦手だけれど、エネルギー的なヒーリングだったら大得意です!」とか。

一押しの技術がまだ見つからない方は、ヒーラーとしての基礎技術、パワーアップ、高度なスキルを磨きましょう。こちらで学べます。
     ↓
ヒーラー養成セミナー

メインの得意分野を極めていくとき、そこに自分をアピールするメッセージも自然と生まれて来るものです。それは、事業展開の時に重要な役割を果たしますのでしっかり覚えておきましょう。

メッセージが命


メッセージとは、あなたの世界観です。あなたは、だれにどんな奉仕をする準備ができているのか、何を専門としているのか? 人生をどのようにとらえて、どう貢献していきたいのか?

このメッセージが決まると、次のステップである、集客が大変楽になります。

集客法(お客様に来ていただきましょう)


自分の世界観、哲学をメッセージに込めたら、それをできるだけ多くの人に知ってもらいます。あなたのサービスが必要な人が必ずやってくるでしょう。

ただ、HPに載せるだけでは集客はすぐには得られないですから、できるだけ多くの人に知ってもらうことが必要ですね。

認知度を高めるには、10年前、20年前までの昔は雑誌等の広告媒体が多かったように思いますが、今はネットですね。それもスマホで情報検索の人々が増えました。すると、キ―ワードが検索上位(SEO)にヒットするためのコツも必要になってきます。

まとめ


ヴィジョンを通して、一押しの技術を持ち、メッセージが明確に語れることで「スピリチュアル・ピジネス」の土台ができると思います。あとは、やはりどのように集客ができるかですね。

これからスピリチュアルビジネスを始めたい方にお勧めはこちらの講座です
          ↓
スピリチュアル・ビジネス支援セミナー

スピリチュアル・ビジネス支援セミナーの内容は、スピリチュアルビジネスの始め方/スピリチュアルビジネスとは?/マーケティング/事業計画/開業してからの留意事項/現実実現の仕方等、お役に立つ情報満載です。興味のある方は是非!


ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪

  ↓ ↓ ↓ ↓













2017/04/17

透視リーディングとは?

透視リーディングとは? Yokoのシャーマンズヒーリング

透視リーディング歴15年のYokoがお伝えする、透視リーディングを受ける前に(受けた後でももちろん)知っておきたいことをお伝えします。

実は、、今までに、HPや他のブログにて、透視リーディングの記事をたくさん書いていますが、あえて、初めての方でもわかりやすいようにまとめて見ました。

YokoのHPはこちら→ ラヴェンドール
ブログはこちら チャネリング☆スカイ・パラダイス 合わせてご覧下さい♪

透視リーディングとは、サイキックリーディング&ヒーリングのことで、エネルギー体(オーラ)を読み、ヒーリングしていきます。

「オーラのヒーリングなんて、必要なの?」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。答えは、「必要です!とても。」

なぜって、オーラのヒーリングをするだけで、健康増進したりすることもあるくらいなんです。その理由は、、以下をご覧下さいね。

透視リーディングとは?


さて、住んでいるお家が、お掃除されて風通しや日当たりがいいと大変気持ち良いですね。人間のオーラもしかり。オーラは、身体の最初の居住空間ですから、オーラの中をきれいに浄化することはとても大切なんです。

透視リーディングとは、オーラの中の、サイキックなアタックの残留物や、プログラミング等を解除し、本来の輝きに戻るように促すとともに、最高次元の光の周波数を同時に送るヒーリング技術です。

オーラの7層を読むやり方がありますが、進化すればするほどオーラはユニファイド(統合・融合)されて1つになるんですよ。ですので、それほど7層にこだわらなくても大丈夫なんですね。

ということで、私のやっている、4つの側面を見ていく透視リーディングのお話をします。4つの側面とは、肉体、感情体、思考体、スピリット体です。

透視リーディングでわかる4つのこと。


肉体面は、現在のあなたの身体状況です。主にチャクラの状況を読み、必要なアドバイスを受け取ります。

感情体、このレベルは、他者との間の感情のコードが入っていたり、又は多次元的な存在の侵入があったり(つまり、自分のエネルギーを自分では使えない状態です)、このアストラルの次元を浄化し癒します。

感情を癒すことにより、実際的にアストラル体を癒すので、被害者意識と言うものが消えます。するとどうでしょう~!愛と喜びに満ちた波動に包まれます。

思考体のレベルでは、凝り固まった想念の塊が、自由な発想を妨げたりします。メンタル体のレベルです。

思考体のブロックをわかりやすく説明すると、これは、ハツカネズミのぐるぐる回る糸車ですね。同じ思考にエンドレスに囚われ、その思考の輪から抜けられなくなったりします。

思考体(メンタル体)のブロックが解き放たれると、静謐(せいひつ)な、自由自在さから物事の発想ができるようになります♪(ガンコさが消えます)

スピリット体は、あなたのより高い次元の情報を保持しています。時に、どのような女神の側面を持つか等もわかったりします。

これら4つのレベルを、ハイアーセルフやガイドのサポートを受けながら、また時にエンパス能力を用いてリーディング&ヒーリングしていきます。

つまり、透視リーディングでわかることとは、あなたの肉体の状況、感情の状況、思考の状況、そしてスピリットのタイプの4つの側面のことがわかります。そしてそれらすべてを浄化し、癒し、エンパワーします。だからとても元気になれるのですね。

どんな時に受ければ効果的?


恋愛、仕事、家庭、人間関係など、行き詰ってしまったり、全ての身動きできない状況に。本当に困った時に、物事の本質が見えなくなってしまった時に、本当の自分らしさを生きたい時に利用されると効果的です。

透視リーディング人気の秘密


透視リーディングは、過去生がわかったり、どうしても好きになれない人との感情コードを切ることができたり、アカシックレコードからの情報をもらったり、ガイドやハイアーセルフからの情報も受け取ることができたりといろいろすばらしものなのですが、

透視リーディングの人気の秘密は、何といっても、ハートからの癒しが起こるということでなんです!それもヒーリングセッション中に瞬時に。

透視リーディングは、ハートからの癒しが起こります。アカシックレコードの情報は、実はハートからやってくるのですね。ですので、アカシックレコードの情報を読んでいると、肉体も全てのエネルギー体もハートの炎によって癒されていきます。

こんな素晴らしい透視リーディングですが、ただ一つだけ、注意があります。
それは、、

頼りすぎないようにしましょう!


鍼とか指圧、エステも、定期的に行くと良いですね。健康や美の維持に。でも、透視リーディングだけは、あまり頻繁に受けるものではないんですね。透視リーディングは、前に進めない状態をブレークスルーできて、大変解放感がありすばらしいです!

だからこそ、通いすぎはあまりよくない場合があります。それは、本来は自分で自分の感情、思考と向き合って癒して行くものだからです。

年に何回かはいいと思いますが、たまに頻繁にいらっしゃりたい方がいらっしゃいます。あまり施術者を頼っていると、自分で自分を癒すパワーがなえますよ。と言う理由です。

透視リーディングで癒された後は、セミナーをお薦めします。何か習得しましょう。自分で自分を癒して行きましょう。スピリチュアルな自立をお薦めしています。

※こちらも参考にして下さい↓

透視リーディングの上手な利用の仕方(HPへリンクしています)

ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪
  ↓ ↓ ↓ ↓




2017/04/13

変容ー4つの約束


変容~ドンミゲルルイスの4つの約束~ Yokoのシャーマンズヒーリング
人類が愛に満ちて生きるには、個人的なパワーが必要です。でも私たちは十分なパワー を持っているでしょうか? 自分を、そして他者を無条件に愛することができるくらいの パワー、変容や覚醒に向かうことができるくらいのパワーを?

人類全員が心に 傷を抱えているのなら、他者のせいにしたり、他者を頼るのをやめて、他者でなく自分をリセットすることであると知りまます。

トルテックのシャーマン、ドンミゲルルイスの4つの約束は、愛に満ちて生きるための心構えを伝えています。以下、お伝えしてみますね。

「4つの約束」


1.正しい言葉を使うこと:

自分のストーリーを語るときに(それは人生そのものであるので、決して自分に敵対的にもちいないこと。言葉はパワーであり、自分の仮想現実をその通りに構築するものであるから、言葉を非のないように(自分に)使うことにより、ハッピーな感覚を得ることができる。「私ってバカね。」という言葉はもう使わないようにしましょう!

2.個人的に受け取らない:

物事や、言われたことをそのまま受け入れると、人は、傷つく。通りすがりの人間に「ばかやろう」と言われたとしても、それは自分がそうなのではなく、その人の現実であり、自分とは関係がないということを知ること。

3.思い込みをしないこと:

私たちはしばしば思い込みのストーリーをでっちあげ、信じる。この思い込みは一つの幻想世界を作り出す。真実がわかるかもしれない質問をすることによって気づきを得ることができる。憶測でうらんでいないで「おとうさん、あのドラ焼きたべちゃった?」と聞くことにより、「いーや、俺は食べていないよ」と言う言葉か返ってくる場合だってある。 

4.つねにベストを尽くす:

ベストを尽くすとき、自分の知識(思考)の声に裁かれる時間を与えなくなる。ベストを尽くすとはアクションを起こすことでもあり、人を幸福にするのはアクションを通してなのだから。

生まれてすぐに私たちは、親から、学校の教師から、まわりの人々からの「人生はこんなもの」という教えをそのまま受け入れ、人間の制限について、社会のルールについて、法律、宗教、様ざまな文化、マナーについて。・・・

ずっとこのリストはつづき、ついに私たちは本当の自分自身のパワーをほとんど忘れ去るまでに、意識の刷り込み、プログラミングを強化していきます。

この刷り込みや制限を超越して本来の創造者としての人間を生きるには各個人のレベルで、人間が自分自身に交わした誓約や、人類全体の合意に気づき、それを破り、超えていくことが必要であると、彼は言っています。

「4つの約束」の実行をできそうにないなと思われる方、彼はこうも言っています。
「最初は難しいかもしれない。しかしあなたは、きっとできる。」「私にもできたのだから。」と。

参考文献:「愛の選択」「四つの約束」「パラダイスリゲイン」 ドン・ミゲル・ルイス著



Yokoのシャーマンズヒーリング


~変容と覚醒に関するシリーズ~



5.Yokoの4つの約束~変容
6.覚醒ー瞑想(仮題)







ブログランキングに参加しています。クリックしていただけると嬉しいです♪
  ↓ ↓ ↓ ↓




2017/04/09

覚醒ー人類の痛みを超えて



覚醒ー人類の痛みを超えて

桜の美しさは宇宙的で、非日常へ誘われますね。

非日常はいろいろあります。国際紛争、内戦、テロや犯罪、重病、事故など、極限状態に陥いった時、状況は日常を超えています。

また、芸術や美しいものを目の当たりにした感動の瞬間、たとえば、桜ふぶきの幽玄さに誘われ心が時空・次元を超えてしまうような非日常の世界もあります。

いずれにしても非日常をかい間見ることは、人類の痛みを超えるチャンス、そして、覚醒の領域へ入るきっかけともなり得ます(闇の非日常は体験したくはありませんが。。)。日常の思考が吹き飛んでしまう時こそ、気づきがもたらされるのですね。

さて、前回のブログ、覚醒ー恐怖を超えてでは、恐怖を超えるのには、夢を見ているということに気づくことと述べました。それは、無明(悟りの光のない無知)の状態にあることに気付くことから始まり、覚醒に至る道でもあると。

この非常にリアルな現実が夢?

この非常にリアルな(リアルに見える)現実が夢? そうです!

でもそれは、覚醒の領域の状態からの視点でなければ理解できないかもしれません。いきなりは無理でも、少しずつ、基本的なことからわかるように心がけていきます。カオス(混沌)を超えて覚醒を生きるために。


まず、基本的なことから。人類の痛みの姿を見て見ましょう。以下は、トルテックのシャーマン、ドンミゲルルイスの「愛の選択」から引用しています。

人類の痛み


「全ての人が皮膚病を持っている惑星があるとする。
その惑星の住人は同じ皮膚病に苦しめられてきた。


彼らは、全身化膿した傷に覆われていて、触れるとひどく痛む。
彼らが触れ合うことはほとんどない。


なぜなら痛みが激しすぎるからだ。
もしもあなたが不意に誰かの肌に触れたりしたら、


あまりの痛みにその人は腹をたてて、
ただ同じ目に合わせるためにあなたの肌に触れる。

他の惑星からやってきた訪問者が発見するのは、
傷だらけなのは、人間の肌ではない。


この訪問者が発見するのは、
恐怖と言う病に冒された人間の心なのである。


病気に感染した皮膚の描写と同様に
私たちの感情体は傷だらけであり・・・・

人間はみんな同じ病気に心を冒されている。」
   
   ドン・ミゲル・ルイス著「愛の選択」から引用


人類の痛みは、病気のせいでした。心、感情体が傷だらけなのでした。だから、他者のせいにしたり、他者を頼っても無駄です。人類皆が病気なのですから。

問題は他者ではなく自分

問題は他者ではなく、自分です。自分をリセットすることであると知ります。では、どのようにリセットするかということを次回とまたその次回にお伝えします。次回は「変容~4つの約束~」です。

覚醒や変容のテーマのシリーズは以下をご覧ください↓
(私の座右の書の著者、ドンミゲルルイスの口述を引用しながらのシリーズです)


Yokoのシャーマンズヒーリング

~変容と覚醒に関するシリーズ~


1.変容~私は死んだの?~(変容の様子を書いています)
2.覚醒ー恐怖を超えて(覚醒できない根底には恐怖がある)
3.覚醒ー人類の痛みを超えて(人類の痛みを理解する)
4.変容~4つの約束~(少しずつ、できることをやっていく)
5.Yokoの4つの約束~変容
6.覚醒ー瞑想(仮題)




ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです♪
  ↓ ↓ ↓ ↓














2017/04/06

覚醒ー恐怖を超えて

覚醒ー恐怖を超えて
桜が美しい季節ですね。
 
でも、春は精神的(身体的にも)に不安定になる人は多いようです。
それは、寒暖の変化の激しさや、それに伴う自律神経のアンバランス等、色々ありますが
 
もしかしたら、それは、桜の花びらのあまりの美しさのせいかも知れませんね(笑)
 
桜の花の、美しく咲いて、いさぎよく散っていく様子を眺めると
私たちの命も同じ。あ~命とは、何とはかないものなの~など、つい思ってしまいますから。
(この肉体、この人生を失う不安への連想)
 
解決法は一つ。
精神不安定の根底にある恐怖を超えることです。
 
恐怖を超えるとは?

トルテックのシャーマン、ドンミゲルルイスは、
 
これ(人生)は、一つの夢なのだということを
自分が明確に認識するまで(恐怖は)終わらないのだと言っています。


人生は一つの夢であるという明確な認識を持つことによって
恐怖は消えて、悪夢を喜ばしい夢に変えるチャンスをもつことになると表現しています。

無明(悟りの光のない無知な状態)を超えた、
「覚醒」のチャンスの話をしています。

私は無力?

死後、私たちが事態を把握する瞬間があるだろう。

 「ああ、私は死んでいるのだ。もう肉体はない。
私が持っていた目標はすべてなくなってしまい、私は無力だ。

私自身が創り出したものが、私の恐怖、私の怒りが、私をつかまえている」

夢をコントロールし変える術を学ぶ

その時、私たちが自分で夢をコントロールし、変えるすべを学ぶまで、
他の誰も私たちにそれを気づかせることはできないのである。


死後に夢を変えられる可能性は非常に低い。
それは一つには精神は結果的に吸収されてしまうからである。


夢は少しずつ色あせて、ついには私たちの夢を作っていた
内部エネルギーは吸収され、そこで悪夢は終わる。

その時私たちは新しい肉体、新しい脳、新しい両親、
新しい名前を、異なった環境下で受け取る。

そして新たなサイクルが始まる。

そのプロセスは生を繰り返しながら続き、
その転生のどれかで


これは一つの夢なのだということを
自分が明確に認識するまで終わらない。


気づきが、悪夢を喜びの夢に変える

私たちの周りのあらゆるものは

精神的な枠組み内部での夢なのである。

この気づきを持つとき、

私たちは悪夢を喜ばしい夢に変えるチャンスをもつことになる。

そうなったとき、あなたは生きている。


夢を変えるあなたのチャンスは素晴らしいものである。


あなたはただ、自分が夢を見ていること、
そしてあなたの周りの他の人たちも

皆同じだということに気づけばいいだけである。

  「恐怖を超えて」 ドン・ミゲル・ルイス


限られたこの人生だけでなく、全体性(覚醒)を生きよう!


Yokoのシャーマンズヒーリング


~変容と覚醒に関するシリーズ~


1.変容~私は死んだの?~(変容の様子を書いています)
2.覚醒ー恐怖を超えて(覚醒できない根底には恐怖がある)
3.覚醒ー人類の痛みを超えて(人類の痛みを理解する)
4.変容~4つの約束~(少しずつ、できることをやっていく)

5.Yokoの4つの約束~変容
6.覚醒ー瞑想(仮題)





ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです♪
  ↓ ↓ ↓ ↓



2017/03/27

変容~私は死んだの?~

「変容」とは、説明はできるものではありませんね。
また、もし左脳的に説明したとしても
あまり、ピンとこないでしょう。

変容のような光と闇、生と死に関わるものは
心に響かないのですね。
メタファーや、詩の形であらわされる他は。

私の好きな詩、
トルテックのシャーマン、ドンミゲルルイスの<いのちに還る>は、
誰の心にも、人生の幻影を超えた本来の自分を思い出させます♪

変容~私は死んだの?~
<いのちに還る>

目覚めたとき
何一つ同じものはなかった。

生まれて初めて
私はわが目を
双の目を開いた。


私はながく信じていた
自分はものを見ているのだと。


けれども私が真実として知っていたものは
偽りの夢
それ以外の何物でもなかった。

そのとき、輝く星のように


生の天使が
死の天使となり


私の夢を変えて
恐怖のドラマは
喜びに満ちたコメディへと変貌した。

驚きのあまり、私は天使にたずねた。
私は死んだの?


彼女はこたえて そうよ、これまでずっと
あなたは死んでいたのよ


あなたの心臓は脈打っていても
あなたの精神は幻想の墓の中で眠っていた
自分が神であることを知ることなく。


今、脈打つ心臓、息づく肉体とともに
あなたの精神は地獄から目覚める。


生まれ変わったあなたの目は
待ち受ける美をほめたたえる。

あなたの聖なる意識が
あなたの中のすべての愛を
目覚めさせる。

憎しみと恐れは打ち捨てられ
罪と責めは消え去った。


あなたの魂は赦し
あなたの中の神が生きる。

うっとりとわたしの目は
天使をみつめる


私の中に目覚めた真実を感じながら。
私は喜んで降伏し


無条件に
死と生を
うやうやしく受け容れ


地獄への要求すべてを
投げ捨てる。


そして新たなるまなざしで
私の永遠の愛が
旅立つのを見る。

  ミゲル・アンヘル・ルイス

「恐怖を超えて」ドン・ミゲル・ルイス述



Yokoのシャーマンズヒーリング

~変容と覚醒に関するシリーズ~


1.変容~私は死んだの?~(変容の様子を書いています)
2.覚醒ー恐怖を超えて(覚醒できない根底には恐怖がある)
3.覚醒ー人類の痛みを超えて(人類の痛みを理解する)
4.変容~4つの約束~(少しずつ、できることをやっていく)
5.Yokoの4つの約束~変容
6.覚醒ー瞑想(仮題)


ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです♪
  ↓ ↓ ↓ ↓



2017/03/25

変容~変性意識にドラッグはいらない~


変容~変性意識にドラッグはいらない~

変容したい気持ち

人はだれでも、変容したい気持ちがあります。変容とは、変化ではなく、存在のあり方がまったく変わってしまうこと。さなぎが蝶に変容するくらい、形態が変わってしまうことです

最高次元の変容とは、「覚醒」ですね。(悟り、アセンションとも言います)でも、どうしたら輪廻を繰り返してきた自分を変容させ、至福の覚醒までたどり着けるのでしょうか?。。

まず固まった自分をほどくことからそれは始まります。「変性意識」がほぐしてくれます。だから変性意識」になっていくということは、変容する(覚醒していく)ためのキーとなるわけです。

変性意識とは、目覚めているのでもない、眠っているのでもないその中間の、ユラユラした意識の広がった状態。そこでは、固定的に何かである必要はない。(義務でいっぱいいっぱいのサラリーマンとか、主婦とかでなくてよくて、何の縛りもない状態)
自由で広がって、しばしば恍惚感さえもある状態。それを変性意識状態と言います。それは何よりも覚醒の疑似体験でもありますね。

生きていると、楽しい時もつらい時もある。欝々とした日々が続いた時、人は気分を変えないともう生きていけないと思います。

そんな時、「いっちょ、ぱ~っとやるか!寿司ランチ、特上でも!」とか「酒、かっくらっちゃうか~!」とか思いますね。その、ぱ~っとやりたい気持ちの裏には、凝り固まった気分をシフトさせて変性意識になっちゃいたい(意識を広げたい)。という思いがあります。

変性意識になるためにドラッグはいらない

さて、変性意識になるための最も手短な物はたくさんあります。でも、何か物理的なものの力を借りる必要はないんです。ハイになるためのドラッグもアルコールも、チョコレートもあんみつもいりません。

では、変性意識になるにはどうしたらよいのでしょうか?

それは・・脳波を変えるだけでいいんです。それは、ドラッグのようなネガティブな常習性はありません。

脳波を変えればいいだけ

薬物も酒類も甘いものもなくとも、変性意識になれます。人間の脳のラジオ的機能を使えばいいんです。え? ラジオって、あのラジオ? と思われていますか? ハイ。そのラジオです(テレビでもいいんです。チャネルを合わせるものということで)。順に説明しますね。

その前にまず人間の知覚と意識について知っておきましょう。

人間の脳は、ありとあらゆる感情、思考、次元、つまり周波数をチューニングするラジオのようなもの。実は、自分の思考でさえも本当は自分のものでなく、無防備だったがゆえに拾ってしまった思考であったりもします。

また、たとえば、今ある自分の思考だけでがんばって答えを出そうとしても、たかが知れているんですね。宇宙のエネルギーを受け取っていなければ。真に創造的になるには、そして最高の目標に達するには、充分ではないんです。

だから、「変性意識状態」になって自分をオープンにする必要があるんです。すると宇宙のパワーは、あなたが合わせた希望のチャンネルの内容通りの放送として(周波数、アイデア、インスピレーションを)、あなたのもとにやって来ます。

つまり、癒しや変容には、脳波の変換が必要だと言うことです。私たちは3次元に生きているけれども、3次元の今の状態を良くしようと思ったら、3次元だけの発想ではだめ。高次の周波数が必要なんです。

ちなみに、3次元対応の脳波も実は大切なところはあります。肉体を伴ってしっかりと仕事したり、バーゲンで欲しいものを獲得する時にふさわしい脳波は、ベーター波です。これは、地球生活には必要です。がしかし、いつもベーター波では凝り固まってしまいます。

ふわ~っと広がりたい、解放されたいそんな時、アルファー波以上の脳波が必要になってくるんです。(脳波はアルファー波以上あたりから、変性意識に入ります)、身動き取れない現実から抜け出し、思う通りの創造をしていくために必要であったり、至福の意識状態に入っていくのに必要な脳波レベルがアルファ波以上(つまり変性意識)ということになります。

変容への4つのポイント

変容とは、知覚、意識が変わること(次元がシフトします)。宇宙的な視野、真我から見て見れば、私たちは濃密な世界にとらわれている。それは、無明(悟りの光のない無知の状態)、または闇(光もあるにはあるが)の世界でもあります。

濃密すぎて、身動きとれない状態から抜け出すには、本来の姿(真我とかスピリットとか)に戻るには、そう、一度、変性意識状態になる必要があります。
なぜなら通常意識(3次元の意識レベル)では、ガッツリと現実物質世界につかってそこから抜け出せなくなっているからなんですね。

変容していくための、ポイントを以下に書きました。変容していくため、そして変性意識に入っていくためのポイント4つを是非、押さえてください。以下、順に説明しますね。

変性意識にドラッグはいらない

変容のポイント①意図

意図は、全てのものに先だつもの。なぜ、これを(この場合は変容したいのかという)やりたいのかということを確認しておきましょう。なぜなら、意図のみにてエネルギーは方向づけされるからです。ぼ~っとしていたら、ユラユラ今いる所にいるだけです。

子供のころの私は、宇宙の全てが知りたいと思っていました。(ぼ~っとした子だったので、漠然とですが)それでも、その思いは、私のずっと形を変えながらも続いている意図でもあったのですね。また、成人してからは、ヨガを学んで、よし、悟るぞ!と意図したのでした。友人から、「あなたってすごいわね。普通はそんなこと思わないわよ。悟れる人は何世紀に一人よ。」とか言われたけれど、「いいんだもん。人がなんと言おうと。これが私の意図なのだもの」と思ったものです。

ということで、あなたの、「今の」でいいから、意図を決めておきましょう。本当に自分が望むものを。その意図は、あなたを必ず、それ本来の場所までナビゲートしてくれます。

変容のポイント②呼吸

呼吸の早い人(時)と、お腹でゆっくり呼吸をする人(時)では、どちらが冷静(霊性)に心理(真理)を見つめられるでしょうか? ヨガの呼吸法は、浄化法の、一部ふいごのような激しいものを除き、悟った状態の呼吸法をまねて考案されています。だから、深く、ゆっくりおおらかで静かな呼吸をマスターしていきましょう。呼吸法を真にコントロールしてきわめ、それが自然におこるならもう、それはもう覚醒の領域に入ったと言えると思います。

変容のポイント③瞑想

動物も瞑想的になっている時があります。ネコとか(笑)。でも意図的に静かに座り、自分の内に入っていく瞑想ができるのは、人間だけですね。脳波は、アルファ波から、シーター波まで行くでしょう。生まれつきのアバタ―(神の化身)以外は、瞑想はだれにとっても必要なものだと思います。

変容のポイント④アセンブリッジポイント

変容するには周波数が変わらなければならない。それもドラマティックに。シャーマンの世界ではそれをアセンブリッジポイントの移動と言います。カスタネダの本では集合点の移動という訳をしています。こちらに詳細載っています→ カスタネダ集合点の移動

アセンブリッジポイントの移動(つまり、集合点の移動)は、最初は、師の助けがいります。バットで殴られるくらい痛い衝撃なんですが、その衝撃によってポイントが大きく移動し、知覚や意識を変えることができるのですね。この世で、殴られたとしても、感謝してしまうのは、この場合だけでしょうね。(笑)

以上が、変容への4つのポイントです。何かの参考にしていただければ幸いです。

ということで、変性意識になるためにドラッグはいらないのです。
ただ、静かに座って瞑想するだけで良いのですね。瞑想をすることによって、心身が安定し、静かな喜びと、平和の感覚がやってきます。そしていつの日か、瞑想は覚醒へとあなたを導くことでしょう。

ここまでお読みいただきありがとうございました。
さらに、周波数を変えること、変容、そして瞑想に興味のある方用にセミナーのリンクを貼っておきますのでご覧ください。
   ↓ ↓ ↓ ↓

ギフトオブザスピリット 

瞑想とチャネリングにより、自分自身のハイアーセルフや大天使の側面に出会っていく、喜び多きチャネリング瞑想の2日間セミナーです。

メディテーションベーシック

いくつかのタイプの瞑想法を習得します。お気に入りの瞑想がきっと見つかるでしょう♪
1デイセミナーながらとても安らかで、エンパワメントされる内容です。


※変性意識について、大切な事をお伝えし忘れましたので加筆します。

変性意識になっていくことで、変容を促し、人間の進化や可能性を広げるすばらしい光の側面をお伝えしましたが、この世界は光と闇の2元性の支配する所なため、いかにすばらしいものも、状況によって、危険性はあります。

浄化やプロテクションができていない状態でのチャネリングや瞑想はやらないようにしましょう。

無防備に自分をオープンしてしまうことの危険性を避けるためには、霊的世界の知識、浄化、プロテクション技術等を知った上で、精神状態が明晰な時にのみスピリチュアルなワーク(瞑想等)はされるべきです。ですので、甘いものをたっぷり食べた後とか、飲酒後、もちろんドラッグをやりながらはご法度ですので~

以下、霊的世界の知識や、浄化、プロテクション、瞑想の基礎などのセミナーのリンクを貼っておきます。ご覧下さい。
       ↓
ネオアデプトプログラム



ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです♪
  ↓ ↓ ↓ ↓



2017/03/12

覚醒を求める心

生きる目的って何でしょうか。。

それは、幸せになることですよね。幸福の追求です。
では、幸せって何でしょうか?ご飯が3食食べられて、家があり、家族があり、仕事があり、それらすべてに満足である状態・・とは、限りません。世間の人が持っているものを自分が持っていなくとも幸せな場合もありますもの。幸せとは、個人の心の中で感じるものですから。

幸せだな~と感じる瞬間や、幸せな人生の状況は、人それぞれ違います。でも人類共通の究極の幸せは覚醒でしょう。覚醒の領域では、幸と不幸、愛と憎しみ、光と闇のような2面性を行ったり来たりする不安定さをはるかに超えた平安があります。

でも、なかなか覚醒を目指そうとは思わなかったり、覚醒という概念があるということにも思いがおよばなかったりするのが人生でもあります。各個人別に深い夢(幻影・マーヤ)を見ながら生きるように設定されているのが地上人生だから。

覚醒の領域へと導くもの

カルロス・カスタネダの師のドンファンが自分の跡継ぎを探すのに苦労したというくだりがあります。ドンファンはもう相当な年です。そしてなによりも旅立ちが迫っていて(輪廻を超える)、跡継ぎを探していたんですね。シャーマンのナワールを。ナワールとはシャーマンのマスターと言うかシャーマンのグループを率いるリーダーですね。

 「なかなか人材がいないんじゃ」「裕福で全てに恵まれていたらシャーマンの道なんて見むきもしないのだよ」とドンファンは言います。ちなみにシャーマンの道とは解脱です。生まれ変わりを繰り返す輪廻を超えます。

あ、この人は良さそうだと思うと(エネルギー的にナワールになれるタイプだとしても)、実は無理。それは、裕福で、家族、家庭に恵まれていたからなんです。今、現在が3次元的に幸せならだれも厳しい修練を必要とするシャーマンの領域には入ろうとしないということなんです。シャーマンの道とは、無明(真理に対する無知)を超えて真理を見つける道なのですが、現在のヌクヌクとした人生の方が大切だということなんでしょうね。

では、いつ、心は覚醒を求めるのでしょうか?

人生に辛酸をなめた後、又はあきあきしてしまった時点で、いずれ全ては、はかなく消えてしまうこの世界を追い求めるむなしさを感じた時、心は求めるのですね覚醒を。

え~、私ごとですが、私は子供のころからすでに人生にあきていた部分があって(ただのなまけものだったという噂も。笑)、覚醒を求める土壌はあったようです。

そう。多くの人と同様、「覚醒を求める心」の土壌はあったのだけれど、しかし~、生まれてからかなり長いことぼ~っとしていて、なにがなんだかわからずに霧の中を生きてきました。霧の中というのは人生の無明(悟りの光のない無知)を生きていました。

そんな私にも、あるきっかけが訪れたのですね。3年間のヨガの指導者コースを受講しようと決めて、その初日の日に、”覚醒が人生の目標である”と知り、悟り、覚醒というものが人生の目的であると気づいたんですね。目からウロコとはこのことです。

ラマナマハリシ

覚醒は、ラマナマハリシの言葉を借りて言うなら、「真我実現」です。真我とは、ハートの中にいる本当の我。真の我は、なんのだれだれ子の真我とか個人的なものではないんですね。それは非個人的な、全てを包括する覚醒の領域です。真我はいつもここにあるハートの中に。でも、個人的な自我によって覆い隠されています。

だから私が!とか、私の!とか自己顕示のレベルではないということ。逆に、私が私がという自我が消え去った時にのみ本当の我、平和、静寂、至福、無心な真我があらわれてくる。

いろいろな心配や苦悩をしているのは誰か?

それは自我である(エゴ)

平和の中にあるそれが、本来の姿(真我)である
 
しかし、真我は自我を超えており、自我が消去されたときのみ実現される
 
真我は、自我の源を探り、ハートの中に潜っていくことで到達される。

     ラマナマハルシ~あるがままに~から

真我実現(覚醒)には、自我を落としていく必要があるわけですね。

真我には、また超能力や、霊力は関係ないですから、超能力者が悟るかと言ったら、そういう人もいるだろうけれど、それはわかりませんよね。無心になるということを妨げるようでしたらむしろそれは覚醒の邪魔になります。

ヨガを修練しているとシッディ(超能力)はかならずやってきます。でもそれに囚われていたらメインストリート(真我実現・覚醒)からはずれてしまうのですね。

だから、覚醒の領域に入っていくには、浄化をしていくこと、感情や思考の、そして人間関係のバランスをとっていくこと、人としての陶冶が求められるわけですね。

I am(アイアム)

覚醒のまたの名をアイアムとも言います。私は在る。ということ。私は何々であってこれこれ有名大学出てとか、主人はこれこれ有名企業の何々でとか関係なく。ただ、ある。私という想念が消え、無心であるということ。

そして、残念ながらこうすれば覚醒しますという共通マニュアルはないんです。ラマナマハリシのような存在のそばにいるだけでスッと悟る人もいれば、自分に合った修練を必要とする人もいる。


ただ、私たちは、覚醒にむかっているけれど、実は、常に真我と共にあります。それを思い出せないだけ。光も闇もそしてすべてを超えた覚醒も、実は自分の中にあります。

だから、覚醒を目指すのであれば、自分の中を見ることですね。ハートの内を。真我(本当の実在)がそこにある。そして、自分なりに(人と比べずに、人に頼らずに)歩んで行けばいいかな~と思います。



覚醒を求める心

ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです♪
  ↓ ↓ ↓ ↓





2017/03/07

光と闇

シャーマニックなヒーリングを続けて早、15年になる私、Yokoの最新ブログ、
”シャーマニックヒーリングでわかった「癒し」と「変容」のコツをシェアします”にようこそ!

この15年間でわかったことは、光ばかり見ていても光にはなれないということ。つまり、人生のポジティブな面、明るい面だけを見ていたいというのが人情ですが、そこには、コインの裏側である、闇(影)の存在もあり、闇を認識しなければ、知らぬうちに闇が無意識の底からつき上がって来るということ。見てくれ~!と。そうなると、意識してこなかった分野だけに混沌に飲み込まれてしまいやすいのです。だからそうなる前に、闇を見て、闇の主張も理解することが光と闇の統合に必要なことであるということです。その手法を、私は透視リーディングや、他のシャーマニックなヒーリングの実践で学んできたと言うわけです。

シャーマニックヒーリングは、光と闇を統合させます。このブログは、人生における悩み、迷い、抑圧、葛藤、苦悩と言う形で私たちに挑戦してきてい闇(ネガティブ、影)を超えるための「癒し」と「変容」について書いていますつまり闇にやられないための方法ですね(笑)。また、闇を超える為のと書きましたが、闇は超えようと思っても越えられるものではないかもしれません。ただわたしたちにできることは、その存在を認めることだけ。存在を認められた闇は、もう闇ではなくなる。。というのが正しい表現かもしれません。

SF作家アーシュラ・グインの「ゲド戦記」の「影との戦い」で、戦っていたのは自分自身の影であった。逃げるのをやめて向かい合った時に、影との合一を果たすくだりのように

では、具体的に光と闇、どうやったら統合できるでしょうか?
それはろいろあります。透視リーディングやシャーマニックヒーリングであったり、波動の上昇、ドリーミングの観点からのお話しや、日常的な努力、便利なスキル、直感を使ったもの、等など、いろいろな角度からおいおいお話ししていこうと思います。

さて、シャーマニックなヒーリングとは、変容を促すものであり、覚醒の領域にまでも導くものです。変容というと、アセンションという意味合いもありますから、キラキラと光に包まれるものと思いますよね。はい。結果的にはもちろんそうですよね!でも、人は変容していく時に影を見ます。(変容しなくても見るか。。)

自分の中の闇を見るんですね。人は、闇のような底知れないものを忌み嫌いますが、影(闇)は必ずしも悪いものではありません。仏陀やキリストも悟りを開く直前に闇と遭遇し、その闇を超えたからこそ光明を得たわけなので、いわば影ですとか闇と思われているものは、究極的にはギフトとなるのですね。

シャドー(影)についての説明としてカール・ユングの自伝の中の話です。ある時、ユングの母は、怒り狂った友人の母に頭を下げるんですね。「うちの子がお宅のぼっちゃんにそんなひどいことをしたなんて、本当にお詫びします」と真摯にあやまるんです。だがしかし、その友人の母が帰った後、ユングの母は、大変意地悪に(読んでいる私にはそう取れた。笑)。いい気味だとばかりに(ユングにいじめられた友人とその母に対して)ニヤリ!とするのをユングは見てしまう。(キャー怖い!)

それは、つまり普段は人には見せてはいけない影の闇の部分。(闇の部分ばかりを皆が隠さずに見せていたら大変なことになりますもの!)がしかし、その闇があるということを自分自身が認めなければ、他者に姿を変えて、どこまでも追ってくる部分です。

今日のまとめとして、自分の闇を見てみよう。過去の忌み嫌うべき状況、人等。その映像や思い出が出てきたら、同次元で見るのではなく、高い次元、魂の次元から(もうこの世を去ってしまった自分がすべてを懐かしく思う心境で回顧していると想像してもいいかもしれません)その影(闇)を見て見ます。

その影(闇)は何かあなたに言いたいことがあったのではないか? それを感じて、聞いてみましょう。。。。心が落ち着いている時にやって下さいね。これを体験した時に、あっ、この人はこれを私に伝えたかったのね。でも私は聞く耳を持たず、心に蓋をしていたからわからなかったのだわ。今ならこの状況の隠された意味が分かる!という心境になるかもしれません。やって見ましょう。(レッツ、エクササイズ!笑)

こちらのかわいらしい花は、ミヤマホタルカズラと言います。花言葉は、「高潔」と同時に「たくらみ」・・笑 花にも光と影がありますね。



光と闇
ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです♪
↓ ↓ ↓ ↓